店舗運営管理ツール STORE+(ストアプラス)の導入事例・お役立ち情報

  1. 本部と店舗のコミュニケーションツールSTORE+(ストアプラス)
  2. 導入事例・お役立ち情報
  3. お役立ち情報
  4.    
  5. 店長に必要なスキルはなにか?~店舗運営をするうえで店長に必要なスキルを徹底解説!~

店長に必要なスキルはなにか?~店舗運営をするうえで店長に必要なスキルを徹底解説!~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

店舗を運営するうえで、店長のスキルは企業全体の利益や従業員の成長に直結するものです。もっとも現場に近い管理職のスキルアップこそ、店舗全体を改善するための重要な一歩といえるでしょう。

この記事では、店長に必要なスキルと、必要なスキルを習得するために重要なポイントをご紹介します。「店長の重要性はわかっているけど、具体的にどんなスキルを伸ばしていけばいいのか…」と悩んでしまうとき、基本に立ち返りたいときの参考にしてください。

 

店長に必要なスキルとは?

店舗オペレーションやスタッフの取りまとめ、お客さま対応など、店舗運営には欠かせない店長の役割。特に、複数店舗を展開するチェーンなどでは、各店の店長のスキルが企業全体の戦略に影響します。

しかし、毎日の店舗運営に追われることの多い店長は、スキルを客観的に見直す時間が取りにくいのが実情です。本部のマネージャーや店長自身が現状のスキルを分析するためにも、まずは店長に必要なスキルを整理してみましょう。

売れる仕組みを追求する「マーケティングスキル」

マーケティングという言葉は幅広い意味で使われていますが、端的に言えば「売れる仕組み」を作る行為のことです。店舗運営の場合、「店舗を利用するお客様を増やすこと」「売上を増やすこと」が、売れる仕組みを作るもっともシンプルな方法です。

店長に求められる重要な役割は、その店の経営者として売上を追求する姿勢です。大型チェーンなどでは、本部のマーケティング方針に基づき、具体策が指示として降りてくることも多いと思われますが、だからといって「指示通りにやっていればいい」わけではありません。

商品そのものや販売価格を変えられないとしても、「人気の商品はなにか」「売上のピークはいつか」などを考え、販促用のポスターやPOPを掲出する、レイアウトを変えるなどの工夫は店舗ごとに可能です。その店のエリア特性、お客様特性を一番理解している店長だからこそ、「どうすれば売上を上げられるか」を考え、現場の最前線でスピーディにトライ&エラーを実行できる能力が求められています。

多方面との「コミュニケーションスキル」

店舗の舵取り役である店長は、人との関わりが必須です。店舗運営に関わる人は、店舗スタッフ、本部スタッフ、お客様、取引業者など立場もさまざま。それぞれの人とうまくコミュニケーションを取りながら、問題を解決し、店を良くしていくスキルが求められます。
下記は、それぞれの立場の人に対して求められる具体的なコミュニケーションスキルの一例です。

●従業員・スタッフに対して
店舗の目標を共有しながら、働くモチベーションの向上を図る。働く環境に対する意見やお客様の声など、お店を良くするためのアイディアを言いやすい雰囲気を作る。

●本部スタッフ・エリアマネージャーに対して
管理する側の立場を理解し、店舗の状況を簡潔に報告・相談する。現場だからこそわかる問題・意見を遠慮せず、積極的に伝える。

●お客様に対して
些細なことでも、お客様の声にアンテナを張る。不満やお叱りの意見に真摯に耳を方向け、店舗改善に活かす。

●取引先業者に対して
下請けとしてぞんざいに扱わない。困ったときは助けもらえる、有益な情報は教えてもらえる信頼関係を築く。

利益を確保する「コスト管理スキル」

売れる仕組みを作ることと並んで重要なのが、コスト管理スキルです。
店舗運営は、商品の仕入れ代、家賃や光熱費、スタッフの人件費、広告・宣伝費など、多くのコストがかかります。どんなにお客様を増やし、売上を上げてもコストを適切に管理できなければ利益は上がりません。

店舗の判断で削減しやすいのは人件費や光熱費です。しかし、過度に人員を削減しては、サービスの低下を招いたり、一部のスタッフへ過剰な負荷をかけたりすることになりかねません。照明や空調をコントロールして光熱費を下げることも、店内環境が悪化しては元も子もありません。
コスト管理で重要なのは、見えないコスト・把握できずにいつの間にか発生してしまうコストをなくすことです。コストの内訳や必要性を把握できていれば、利益を出すために必要な売上や削減できるコストは自ずと見えてくるものです。

店長に必要なスキルを習得するには?

上記でご紹介したように、店長にはマーケティングスキル、コスト管理スキル、コミュニケーションスキルなどの幅広いスキルが必要です。会社組織で例えるなら、経営者も、マーケ部も、営業マンも一人で何役もの役割をこなすようなものですから、店長にかかる負担は大きくなって当然です。

このように、さまざまな役割を並行してこなさなければならない店長がスキルを向上するには、本部がスキルを発揮しやすい環境を整えることも必要です。煩雑な事務作業・管理業務を効率化できる仕組み、コミュニケーションを取りやすい仕組みがあれば、店長はより力を発揮しやすくなるでしょう。
仕組みづくりのひとつの方法としては、STORE+(ストアプラス)などの店舗マネジメント支援サービスの導入を検討してみるのもいいかもしれません。

STORE+(ストアプラス)は、本部・店舗間の指示・連携を円滑にする業務支援ツール。店長業務のなかでも、時間のかかりがちな本部からの指示をわかりやすく整理・管理することで、売上につながるコア業務に集中できる時間を創出。コミュニケーション機能で、スタッフや店舗同士の意見交換も気軽に行うことができます。直感的な操作で誰でも使いやすく、アプリを入れるだけで始められるため、導入が簡単なことも特長です。

 

まとめ

この記事では、店舗運営に欠かせない、店長に必要なスキルと、スキル向上に必要な仕組みづくりの重要性について紹介しました。
店長業務は日々やることが多く、スキルアップのための特別な時間は取りにくいもの。また、人材ごとのスキルレベルもバラバラなのが実情です。
そのような条件下で店長のスキルを少しずつ底上げしていくためにも、本部と店舗が情報管理しやすい環境を整えることは大切です。店舗マネジメント支援サービスSTORE+(ストアプラス)は、マネジメントとコミュニケーションを円滑にすることで、店長がスキルを発揮しやすい環境づくりをサポートします。

videoIcon
https://www.youtube.com/embed/xkyXF_9abME

内野株式会社 様

動画事例

業務連絡周知率100%
店舗間の情報共有で連帯感の向上

ニューノーマル時代の店舗運営

ニューノーマル時代の店舗運営

テレワークや非対面が当たり前の「ニューノーマル(新常態)」になった場合、店舗運営を行っている企業が抱えるであろう課題に注目し、その課題解決の一助となる情報をご紹介します。

フランチャイズ(加盟店)オーナーの満足度を20%上げるコミュニケーション戦略

フランチャイズ(加盟店)オーナーの満足度を20%上げるコミュニケーション戦略

外部環境が変化し続けるなか、多店舗を展開する企業がスピーディーに規模を拡大させる手段としてあるフランチャイズ展開における課題に注目し、その課題に向けた対策の一助となる情報をご紹介します。

 

お困りごとがありましたら、お気軽にご相談頂ければと思います。

お問合せ

 

著者イメージ

執筆者情報:

ユニリタ STORE+チーム

株式会社ユニリタ ビジネスイノベーション部

多店舗管理ツール「STORE+」のプロモーション担当チームです。
コミュニケーション情報を蓄積・共有・活用するシステムに長年携わってきたメンバーが、多店舗・多拠点の管理に課題を持つ方に、役立つ情報をわかりやすく発信することを心がけています。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本部と店舗のコミュニケーションで
お悩みの方は
お気軽にご相談ください。

ご不明点などお気軽にご相談ください

STORE+に関する資料をまとめました

30日間、無料で体験いただけます